本文へジャンプ
在庫一覧


 Guitar Daysでただいま取り扱っているギター、バンジョー、フラットマンドリンなどの楽器一覧です。
一覧に掲載していない楽器でも近日中に入荷したり独自のルートによって入手できる可能性がありますので、お気軽にお問合せ下さい。

在庫に関するお問合せはメールでも可能です。>>>メール<<<

国  産 海  外

国  産
ARIA
 荒井貿易の創設は1956年8月。自社ブランド「Aria」を発表したのは1960年から。
「Aria」は「詠唱」などを意味する音楽用語。当初は「アライギター」を自社ブランドとしてギターを販売していました。
BlueBell
 主に輸出向けのモデルとしてAriaブランドで、富士弦楽器製造製のモデルが製造・販売された。その荒井貿易内の展示品を東京の有名な楽器販売店が見て、新たに自社販売店舗用モデルの開発を神田商会経由で富士弦楽器製造に制作を依頼。 それが、Greco→The Greco→BLUEBELL(国内ブランド)/Ibanez(輸出ブランド)という具合でブランド名を変えていく。

 70年代後半のBLUEBELLブランドのフォーク・ギター・タイプのラベルに『MADE BY TAMA』表記のモデルも確認できる。
製造元は、元々は富士弦楽器製造で後に多満製作所(TAMA)→星野楽器製造
Burny
 前身の斉藤楽器が1969年2月に設立、1972年10月に社名を現在のフェルナンデスに変更。
同年本格的に楽器製作開始。
当初はフェンダー、ギブソン、リッケンバッカー等のギターのコピーモデルを主に製作。フェンダー系のギターはフェルナンデス、ギブソン系のギターはBurny(バーニー)というブランド名で販売。
海外でもBurnyを高く評価する人が多い。
Cat's Eyes
 1947年浜松氏寺島町にピアノとハーモニカの研究開発を目的として設立された東海楽器研究所。東海楽器が1975年から生産、販売を開始した Cat's Eyes 。 名前の由来は、写真では分かりにくいが、フレットマークが猫の目の形をしてるため
chaki
 1947年 創業。茶木純啓・初枝により茶木弦楽器製作所を設立。コントラバスを中心に弦楽器の製造・販売・修理を行う。1990年に法人組織有限会社チャキを設立し新たに卸販売を行う。
1991年 Chakiブランドでコントラバス・消音ベース・チェロ・ピックギター・ウェスタンギター製造に専念し、現在に至る。
Headway
 1977年に八塚 恵の「MARTINに負けない本物といえるギターを作りたい」という情熱のなかから生まれました。1983年の工場火災で大半のアコースティック用の材料を消失しエレクトリックギター生産を始める。当時のHeadwayアコースティックギター愛用者の熱い要望により1999年にアコースティックギターの製作を再開。現在でも創業時からの完全手工による製作方法を継承している。
K.YAIRI
 矢入一男の実父が1935年設立の矢入楽器製作所。太平洋戦争中は砲弾入れの木箱などを生産し、終戦後にはシロフォンの製作や陶器の箱なども生産していた。30歳の時にギター作りを学ぶために矢入一男は渡米。1963年初めてのクラシックギターを製作し、1965年株式会社ヤイリギター設立、ギターブランド『K.YAIRI』が誕生した。近年は、BEGINと共同開発した一五一会でも有名。
Morales
 1970年代からアコースティック・ギター界に参入した全音のブランドMorales。
オールド・ギター鑑定家として名高い保田誠(マック・ヤスダ)氏の監修で、かなりマニアックかつ戦略的な価格のシリーズが生み出された。
Morris
 1967年創業の長野県松本市のモーリス楽器製造株式会社。 日本のトップギタールシアーである横山氏が在籍していたことで有名。
S.yairi
 1938年に矢入貞夫が完全手工によるギター生産をはじめ70年の伝統を誇るアコースティックの最高峰ともいえるS.Yairi。 矢入貞夫は、K.YAIRIの矢入一男の父儀市の弟。
井上陽水らが好んで使用していたこともあり人気があったが当時のファンから現在もなお人気がある。
TAKAMINE
 創業者が1959年に岐阜県坂下町(現中津川市坂下)でアコースティック楽器の工房、有限会社大曽根楽器製作所を設立しクラシックギターを多く生産。1962年に大曽根楽器は高峰楽器に社名変更しギターの輸出も始めリ徐々にギター専門のメーカーになっていきます。1970年代半ばに自社ブランド『Takamine』を立ち上げた。日本にとどまらず海外の名だたるアーティストも愛用している。
Terry's Terry
 中本輝美(テリー中本)が約20年間勤続したヤマハを退社した後に1990年静岡県浜松市にて、ギター工房「てりーずカンパニー」を設立。日本で初めて、アコースティックギターの完全オーダーメイドシステムを開発。 FG・LL・LA・APXなど数多くの人気シリーズを生み出し、国内、海外の有名アーチストの 特注ギター、300本余りを手がけている。
ThreeS
 1887年創業の鈴木バイオリンが1914年からギターの製作を開始。現在ではバイオリンなどの弦楽器が有名。
YAMAHA
 山葉寅楠が1888年に合資会社山葉風琴製造所を設立。1897年に日本楽器製造株式会社を設立し、1942年からギター販売を開始する。
1987年創業から100年目にしてヤマハ株式会社へ改名。
YAMAKI
 1962年に寺平安幸(弟)がダイオンを設立。1967年に寺平一幸(兄)が長野県諏訪市にヤマキ楽器を設立。1968年から本格的にギター生産をはじめダイオンから発売される。
Kasuga
 1935年に詩人の春日一幸が名古屋で創業。日本のギターメーカーとしては鈴木バイオリン、ヤイリとならんで最も古い歴史を持つが1996年頃に操業を停止していいる。ギターの他にフラットマンドリンやバンジョーでも有名。既に春日楽器が無くなっており現在は入手困難になっています。
その他
 
▲上へ


海  外
Ervin Somogyi
 1944年にハンガリー生まれのErvin Somogyi。1971年からギター製作をはじめ『フィンガーピッカーの夢』と言われるように、とても魅力的なギターを世にだしています。
Gibson
 創業は、1894年オーヴィル・ヘンリー・ギブソンがマンドリン製作を始めた頃に遡る。主にフォークギター、エレキギターを製造しているが、マンドリン、バンジョーなどの弦楽器も製造している。業界において世界で最も著名な一社。
Guild
 1952年、元プロギタリストで楽器店オーナーのアルフレッド・ドロンジとエピフォン・ギターの副社長であったジョージ・マンがニューヨークにギルド・ギター・カンパニーを設立。国内外の著名なアーティストに愛用されるギターを製作していたが、1995年にフェンダー社がギルドを傘下に収まる。しかし技術スタッフの最高顧問にジャズギター製作の巨匠ロバート・ベネデットが参加するなど、現在もギター製造をおこなっている。
Martin
 1833年に創業者のクリスチャン・フレデリック・マーティンがギター製作のためドイツから渡米。1838年にペンシルバニア州で本格的にギター製作を開始。伝統的なクラシックギターを製作する一方で、アメリカの大衆音楽の変化に応じてギターをカスタマイズし現在のアコースティックギターの基礎を築いていった。
その他
 
▲上へ



   ©2009 Guitar Days All Rights Reserved.